GOVERNANCE

コーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する
基本的な考え方

当社は、株主や顧客をはじめとするすべてのステークホルダーの視点から、経営の透明性・公正性やリスク管理の徹底と適時適切な情報開示に努めるとともに、企業経営の効率性と経営の意思決定の迅速化を高めることを通じて、企業価値の継続的な向上を図ることをコーポレート・ガバナンスの基本方針・目的としております。

ガバナンス体制

コーポレートガバナンス報告書

コンプライアンス

基本姿勢

「企業理念」および「行動指針」に則り、当社グループの取締役および従業員に対し、 法令遵守および企業倫理の徹底を図るため、関連する法令の周知、社内規程・マニュアルの整備、コンプライアンス意識の向上に努めます。

コンプライアンス体制の構築

コンプライアンスの取組みに関する基本的事項を定める「コンプライアンス規程」を制定し、これをコンプライアンスに関する基本的な規程と位置づけ、取締役および従業員に対し本規程の遵守の周知徹底を図るとともに、コンプライアンス体制を構築します。

コンプライアンス体制の強化・推進

コンプライアンスの取組み全般に関する企画立案、個別課題についての協議・決定を行う組織として、「コンプライアンス委員会規程」に基づき社長を委員長とするコンプライアンス委員会を取締役会の下に設置し、当社グループのコンプライアンス体制の強化・推進に努めます。

内部統制室の設置

被監査部門から独立した社長直轄の内部監査組織として、「内部統制室」を設置し、「内部監査規程」に基づいて、当社グループにおける法令・定款・社内諸規程の遵守、業務の効率性、不正、誤謬について監査し、内部統制の適正性および有効性を当社の戦略に照らして客観的かつ公平に検証し、その結果に基づく改善提案を通じて、経営の健全性および効率性の向上に努めます。

企業ヘルプラインの設置

コンプライアンスに関する情報については、相談・通報の窓口を通して従業員が直接通報を行う手段を確保し、不祥事や事故の未然防止や早期発見・是正を目的として、「企業倫理ヘルプライン規程」に基づき、当社および子会社を対象とした内部通報制度(企業倫理ヘルプライン)を設置します。

コンプライアンス

基本姿勢

  • 基本規程の制定

    リスクマネジメントに関する「リスク管理基本規程」を制定し、これをリスクマネジメントに関する基本的な規程と位置づけ、取締役および従業員に対し本規程の遵守の周知徹底を図るとともに、リスク管理体制を構築します。

  • リスク管理委員会の設置

    リスク管理推進に関わる課題・対応策を協議・承認する組織として、「リスク管理委員会規程」に基づき社長を委員長とするリスク管理委員会を取締役会の下に設置し、平常時における当社グループのリスク管理の推進に努めます。

  • 緊急時の体制

    大規模な事故、災害、不祥事等が発生したときは、「危機管理基本規程」に基づき緊急時対策本部を直ちに設置し迅速に対応する体制を取ります。

情報開示

情報セキュリティ

  • 情報セキュリティの取組み

    情報管理の基本事項を定めた「情報管理要領」を制定し、不正アクセス対策やコンピュータウィルス対策に取り組んでいます。

  • 個人情報保護の取り組み

    当社が有する個人情報・特定個人情報につき「個人情報保護規程」「特定個人情報取扱規程」を制定し、取締役および従業員に対し本規程の遵守の周知徹底を図るとともに、個人情報保護に関する管理体制を構築しています。

  • 情報セキュリティ教育

    全従業員を対象として、情報セキュリティに関する知識の習得を目的とした「サイバーセキュリティ研修」、個人情報保護について理解を深めることを目的とした「個人情報保護法研修」を実施しています。

情報開示方針

当社は、情報開示は重要な経営課題の一つであり、株主をはじめとするステークホルダーから理解を得るために、適切な情報開示を行うことが必要不可欠と認識しております。その認識を実践するため、法令に基づく開示以外にも、株主をはじめとするステークホルダーにとって重要と判断される情報(非財務情報も含む)につきましては、東京証券取引所のウェブサイトでの適時開示をはじめ、有価証券報告書や当社ホームページ等の様々な手段により積極的に開示を行っております。